タイ工業団地【売り土地】 ピントン工業団地 PINTHONG 3 INDUSTRIAL ESTATE タイ工業団地地図

ピントン工業団地3 IEAT(タイ工業団地公社認定工業団地) 

PINTONG3 INDUSTRIAL ESTATE   

*↓もし下記の地図と写真が見れない場合は、大変お手数ですがご連絡いただけましたらEメールにてお送り致します。


 

 

  

基本情報                   

BOIゾーン ゾーン2
所在地 チョンブリ県
各種インフラ EIAの認可情報や各種インフラの詳細は弊社までお尋ねください。

 

【コメント】

バンコクから約95キロ南東に位置するZone2の工業団地です。第2の日本人街として発展しているシラチャの街からも近く約10キロに位置します。またタイの重要な貿易港であるレムチャバン深海港まで約10キロです。

ピントン工業団地は徐々に拡張し、現在「ピントン工業団地3」まであり、発展を遂げている工業団地です。貸工場もあり今後ますます発展していく工業団地です。

 

*弊社は物件を購入されるお客様からは、礼金・手数料などいただいておりません。ご安心してお問い合わせください。

 

下記の資料は全て最新版を無料にてメール、郵送にてお送りすることが可能です。お問い合わせください。

【お問い合わせ先】

担当:高尾博紀 

takao@gdm-asia.com

(日本から)+668-6513-7435

(タイから)  08-6513-7435

 

↓タイ工業団地MAP 2014年最新版。A3サイズで見やすくなりました。

ベトナム、カンボジア、タイ、ミャンマーをつなぐ経済回廊も記載!

  

 

  

↓工場用地取得から工場建設許可、操業許可申請のフローチャート。

BOIと会社設立の流れも説明しています。

 

 

 

 

 

 

↓工場用地取得から工場操業開始までのスケジュール参考例。

弊社クライアント様では2015年までに操業開始しなくてはならない企業様が急増しています。

 

 

 

 

↓東西、南部経済回廊の説明。

ミャンマーのダウェー深海港が完成した時の物流に要する日数が4日ほど短縮。

製造業にとって物流コスト圧縮は非常に重要な課題の一つです。

 

 

 

↓本社決済稟議用資料の作成例。

ご担当者様が本業に専念し、負担を軽減できるように弊社が代行して各種資料作成致します。

 

 

【弊社が選ばれる理由】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・仲介手数料、礼金など一切無料

・本社決済用資料、稟議資料など代行して作成

・タイ全土の工業団地と取引可能

・お客様に変わって物件側との条件交渉を代行

・建築許可申請、操業許可申請、BOI申請などサポート

・工場建築開始から引渡しまで万全のサポート

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【弊社実績】

・東プレ様

・アイシンアジアパシフィック様

・古河電工様

・福島工業様

・宇部興産機械様

・アムテック様

・JX日鉱日石様

・古河オートモーティブ様

・アルプス電子様

など多数の企業様の物件取得サポートをさせていただいております。

 

お気軽にご相談くださいませ。

takao@gdm-asia.com

日本から+668-6513-7435(高尾直通)

タイから 086-513-7435 (高尾直通)

 

カテゴリー
新着記事