タイ工業団地【売り土地】土地27,200㎡(17ライ)、アジア工業団スワンナプーム、スワンナプーム空港至近 IEAT共同開発工業団地

アジア工業団地スワンナプーム IEAT(タイ工業団地公社認定工業団地) 

ASIA INDUSTRIAL ESTATE SUVARNABHUMI    

 

   

 

アジア工業団地スワンナプームの基本情報                        

BOIゾーン ゾーン1
所在地 サムットプラカン県 バンコク都心から車で約45分
総開発面積 4,027ライ(640ヘクタール)

アジア工業団地スワンナプームのインフラ情報                      

主要道路幅 32メートル幅 (ASSHTO基準)
電力供給 MEA(電気局)より直接供給
工業用水 工業団地内給水能力 13,300㎥/日
排水処理能力 工業団地内処理能力 12,800㎥/日
雨水処理 U字溝
電話、ネット TOT
天然ガス 2017年より供給開始予定

洪水対策

工業団地全体を3.5メートル高の堤防にて完全防御

*詳細資料がございますのでお問い合わせください。

【売り土地】工場用地27,200㎡(17ライ)

 

【金額】12,750万バーツ(1ライあたり750バーツ)

*他にも4ライ(6,400㎡)から各種サイズがございます。お問い合わせください。

 

【コメント

 

 

アジア工業団地スワンナプーム(Asia Industrial Estate Suvarnabhumi)は、スワンナプーム国際空港から東に21キロ程、サムットプラカーン県バンボー地区にあります。

タイ工業団地公社(IEAT)が共同管理するこの工業団地は、4,028ライ( 645ヘクタール)の規模を擁し、多種多様な産業の物流にとって最適なロケーションです。

近くにはラッカバンのコンテナ格納庫、スワンナプーム国際空港のカスタムフリーゾーン(保税地区)、バンコク港(クロントゥーイ)、レムチャバン港など利便性の高いポイントが並びます。また、西側のラタナコーシン200年ロード、北側のルアンパンロード(オンヌット-チャチュンサオ間)へのアクセスも便利です。

アジア工業団地では工場毎の需要に合わせ、最小区画4ライから区画分譲しています。

物流面において理想的な立地条件から、タイGDPの70%を占める自動車·自動車部品、電子機器、物流、倉庫、食品、農産物、服飾、繊維、化学、紙、プラスチックからサービス設備、あらゆる産業に好適と言えます。

近くにはラッカバン工業団地、バンプリー工業団地、バンプー工業団地、ウェルグロー工業団地、バンチャン工業団地といった工業団地が所在しています。スワンナプーム空港からも近く、バンコク都心へも約30分程度でいけるため、今後大きく発展していく工業団地と言って間違いありません。

こちらの物件は、タイ王国最大の商業銀行「バンコク銀行」の創業家とIEAT(タイ政府工業省のタイ工業団地公社)による共同プロジェクトのため、資金的・政治的な裏付けがはっきりした工業団地です。近年において、バンコク都心部でIEAT認可の工業団地が開発されることは珍しく、引き合いが非常に増えております。

またバンコク都心部で大型物件(100,000平米以上の土地)を確保できる希少なエリアとなっております。

*弊社にて、既に当工業団地110,000㎡以上を販売させていただいております。土地所有申請や操業許可申請など許認可業務も全ておまかせください。

 

下記のデータが必要な方は、お問い合わせいただけましたらPDF版にて資料をお送りさせていただきます。

 

 

 

 

下記の資料は全て最新版を無料にてメール、郵送にてお送りすることが可能です。お問い合わせください。

 

takao@gdm-asia.com

担当:高尾博紀 

 

【弊社が選ばれる理由】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
・仲介手数料、礼金など一切無料
・本社決済用資料、稟議資料など代行して作成
・タイ全土の工業団地と取引可能
・お客様に変わって物件側との条件交渉を代行
・建築許可申請、操業許可申請、BOI申請などサポート
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【弊社の実績】

・東プレ様

・アイシンアジアパシフィック様

・古河電工様

・福島工業様

・宇部興産機械様

・アムテック様

・JX日鉱日石様

・古河オートモーティブ様

・アルプス電子様

・積水プラスティック様

 

など多数の企業様の物件取得サポートをさせていただいております。

土地取得の各種申請、建築許可、工場操業許可、BOI取得など全て日本語でフルサポートさせていただきます。

 

 

お気軽にご相談くださいませ。

takao@gdm-asia.com

担当:高尾博紀 

日本から +668-6513-7435

タイから  086-513-7435

 
 

 

 

↓タイ工業団地MAP 2014年最新版。A3サイズで見やすくなりました。

ベトナム、カンボジア、タイ、ミャンマーをつなぐ経済回廊も記載!

  

 

  

↓工場用地取得から工場建設許可、操業許可申請のフローチャート。

BOIと会社設立の流れも説明しています。

 

 

 

 

 

 

↓工場用地取得から工場操業開始までのスケジュール参考例。

弊社クライアント様では2015年までに操業開始しなくてはならない企業様が急増しています。

 

 

 

 

↓東西、南部経済回廊の説明。

ミャンマーのダウェー深海港が完成した時の物流に要する日数が4日ほど短縮。

製造業にとって物流コスト圧縮は非常に重要な課題の一つです。

 

 

 

↓本社決済稟議用資料の作成例。

ご担当者様が本業に専念し、負担を軽減できるように弊社が代行して各種資料作成致します。

 

 

タイ工業団地・タイレンタル工場・アジア工業団地・アジアインダストリー・タイ工業団地地図・タイ工業団地MAP・イースタンシーボード工業団地・アマタナコン工業団地・アマタシティ工業団地・タイBOI

 

カテゴリー
新着記事